利用していた人妻専門の出会い系サイトが悪徳サイトだったこと、そして少なからず心惹かれ仲が深まってたサエコさんがサクラだったという事は、今思い返しても怒りがこみ上げてきます。そもそも会えないならメールなんてしないし、そこに高額な利用料を払う必要もなかったのですから。それに会えるという期待が大きかっただけに、その怒りを治めるのは簡単ではありません。しかし悔やんでいても仕方ありません。悪徳サイトだと分からずに利用してしまった自分にも責任はあります。今さらどこかに訴え出ようとは思っていません。むしろシンヤの話いわく、どこかに訴え出ても証拠となるものがないので現状は泣き寝入りするしかないそうです。

 

シンヤは更に詳しく事の次第を教えてくれました。僕は今まで全く知らなかったのですが、どうやら世の中に出回っている出会い系サイトの9割以上はどう頑張っても男女が出会えないシステムになっているそうです。それらのサイトには決まってサクラというアルバイト会員がいて、何度サイト内でメールを連絡を取り合ったとしても、会うことは出来ない、メールだけの関係で終わってしまうのが関の山だとシンヤは言っていました。シンヤ自身も以前に同様の被害にあったことがあり、今現在でも騙され続けている人が後を絶たないんだとか。

 

この話が事実だとすると本当に人妻に出会えるサイトはほんの1割という事になります。ならば出会いが成立するのは奇跡に近いと言っても過言ではないような気がします。果たしてこの先人妻と出会い関係を持つことが出来るのか、不安で仕方ありません。サクラに騙されたまま、高額な利用料やメール代を搾取されただけで終わるという事はどうしても避けたいと強く願います。